船員に

大学1年生です。船員になりたいので、進路を模索しています。

大学の担任

 今日、大学の担任の先生と面談。理工系志望だから、面談でもなければ人文社会科学系棟に入ることはまずない。ゼミ、オープンキャンパス実行委員の話などして、最後に進路の話。

 「僕は以前、技術系の公務員になりたいと言いましたが、船舶系に絞ろうか思います」

 「船舶系の何がしたい?」

 「水産庁とか海保とか、公安系の仕事です」

 「船の運航?私が君見ていると研究者向きだ。資源探査とか、水産とか、海洋系研究者になって何万と言う人類を救いなさい」

 「研究者って論文の締め切りとか大変なんですよね?僕はもともと行政職に興味があって」

 「行政なんかもっと大変だ。私も少し関わったけど、締め切りだらけで電話かけて上司に書類出して」

僕は正直、大学に来たくないと本気で思っていた時期がわりと長かった。今でもその延長と思っている。高卒の行政マンに憧れていたし、今でも真剣に考える。

 「自衛隊とか保安庁みたいに体力勝負の仕事に向いている人もいるけど、君はそれより研究者になって多くの人を救いなさい」

 これを先生は3回ほど繰り返した。

 もちろん結論はしばらく出さない。